ネット銀行の利用方法

インターネット取引をする場合、オンラインバンキングを利用できると何かと便利です。サーバーの契約やドメインの取得、あるいはオークション取引でのやりとりなど、資金のやりとりをする際には、オフライン銀行による窓口での振り込みなどは面倒くさいものです。このような状況のなか、ネットバンキングはたいていの銀行で利用できるようになってきていますので、できるだけネット取引ができるようにしておくとよいでしょう。

また、最近ではオンラインに特化した形で銀行業務を行っている会社もあります。たとえば、ジャパンネット銀行や楽天銀行(元々はイーバンク)などもそのような形かと思います。

これらの銀行はインターネット取引をする際に便利な面も多くあり、現金取引をする際などは近くのコンビニなどを利用するケースが多いです。実際の店舗はないですので、入金や出金に不便なケースもありますが、さまざまなATMネットワークを利用できるため、それほど不便ということはないかと思います。

ただ、通帳記入が必要な方などは、通常の都市銀行や地方銀行を利用されることをおすすめします。

消費者金融はオンラインでも申し込みが可能

最近はグレーゾーン金利の廃止や利息返還訴訟により、消費者金融会社の数が減少傾向にあるようです。一時期はアコムやアイフルなどのテレビCMばかりでしたが、最近は債務返済などのコマーシャルが多いように感じています。

銀行の方も、消費者金融の高収益体質につられて乗り出したころに、ちょうど多重債務問題が社会問題化してきたようで、最近ではお荷物をかかえる形になってしまったのかもしれません。そのような状況のなか、切り離しにかかっているケースもあるようですが、もともとが高収益体制だったためか、現状でもなんとかやりくりしているケースもあるようです。

そうはいっても、やはり、改正貸金行法の総量規制やグレーゾーン金利の撤廃などの影響により、倒産している会社や大幅に経営規模を縮小している会社が多いようで、海外の出資会社などもすでに撤退している状況にあります。おそらく、消費者金融業界にこれから新規に参入するという会社は多くないかと思います。

一方、無人契約機などはあまり見かけなくなってきた?ように感じておりますが、ネット上でのオンライン契約などは、比較的利用しやすくなってきたように感じております。必要書類は郵送すれば、基本的にネット上での入力で済むわけですし、その日のうちに振込みがされるサービスなどもあり、便利になってきたように感じています。ただ、便利さゆえに、ついつい借り入れ金額も大きくなってきてしまうので、計画的に利用するようにしたいものです。

MENU / ネット銀行は安全ですか? / 法人口座の開設 / メリットとデメリット / Pay-easy(ペイジー)とは?